空き部屋

傷が残りにくい

ベッドやたんす、机や椅子といった家具は床に置いておくと、移動の際、床に傷が着いてしまいます。車のように一度引っかかれたあとがつくと直しづらい傷ですが、フロアコーティングを行なうことで傷が付きづらくなります。

耐水性も抜群

水をよく使う場所では、滴ってしまった水滴でもシミになったり、カビが発生してしまう原因に繋がります。フロアコーティングは耐水性も期待できるため、軽く拭き取るだけでも長持ちしてくれます。

床の手入れ

床ワックスならこちらがおすすめ。ハイソリッドシステムの導入によって輝きが長期間持続することが可能です。

一軒家や賃貸マンション、賃貸アパートという場所では現在でも畳間を設けている家があれば、フローリングにしている物件が多く存在します。畳間は古くから日本の建物の中に造られてきた空間です。
茶室や寝室、居間といった心を穏やかにする空間に使用されてきました。畳の材質は草なので弾力があり、座っていても腰や足が痛くならないマットのような存在です。
しかし、畳間は丁寧に掃除を行なう必要があります。畳の目が細かいため、汚れが付きやすく、掃除をする以外に取り替え作業も必要になります。
定期的な入れ替え作業でコストがかかるため、フローリングにする家庭が増えています。家庭のみならず、ビルの中や施設内の床をフローリングにしている建物が多く存在しています。

フローリングはコンクリートよりも滑らかで、お手入れも簡単に済ませられるのが特徴です。
平面なので汚れた場合でも、拭き掃除や掃き掃除で手入れが完了しますが、さらに綺麗にする場合にはフロアコーティングがおすすめです。
フロアコーティングは、フローリングを綺麗に保つために必要な作業です。個人でも行えますが、フロアコーティングの専門店に依頼すると代行で行ってくれるので手間がかかりません。
建物の大きさや面積に合わせて、専門業者が応じてくれるので料金を考慮しながら決めるとよいでしょう。フローリングに塗装するための道具や材料も全て専門店で取り揃えているので、集める必要もありません。

耐久性を上げる

人がよく出入りする場所では、床の耐久性が落ちやすくなります。平らなフローリングでも、凹凸が出てくる可能性があるため、フロアコーティングを行なう施設が多く存在します。

雰囲気づくり

販売店では、フロアコーティングを行っている店舗が多く、その効果が売り上げに貢献していることもあります。フロアコーティングを行なうことで床が綺麗になり、照明が綺麗に当たることで店舗の雰囲気がコントロールできるからです。